赤ちゃんのお部屋にはイブルマットがマスト

赤ちゃん
記事内にPR広告が含まれています。

イブルマットとは

イブルマットとは、韓国発祥の薄手のキルティングラグのことです。

韓国語でイブルは「布団」という意味があります。

生地が薄いので、ラグやマルチカバーとして幅広く活用できます。

イブルマットの良い所

天然素材で肌に優しく吸湿効果も

メーカーにもよりますが、綿100%のものが多く(中綿はポリエステル)赤ちゃんや肌の弱い子どもに優しい素材です。

綿素材は、湿気を吸湿してくれる効果もあります。蒸し暑い季節もベタつかず、肌触りがサラサラしていて気持ち良いです。

こゆきん
こゆきん

我が家では次男が新生児の頃からイブルマットに寝かせていて、成長とともに寝返りしたりズリバイして伸び伸びゴロゴロ過ごしていたよ〜

オールシーズン通して活躍してくれますよ。

丸洗いできて、すぐ乾く!

乳児や幼児がいるお部屋は、ミルクの吐き戻しや飲み物がこぼれたりなど汚れることが当たり前です。

イブルマットは家の洗濯機で丸洗いできて、薄手なのですぐ乾くのでとても便利です。

洗い方は、各メーカーの表記通りにお願いいたします。

天然素材なので毛玉ができにくい

こゆきん
こゆきん

お手頃なラグはポリエステル素材が多く、何度か洗うとすぐに毛玉ができてしまう…

子どもやペットがいる家庭は、ラグを洗う回数が多いので、洗う度にくたびれていき1年も持たない…ということは良くある事かと思います。

我が家もそうでした。すぐ汚すのです高価なラグは買いたくないけれど、安価なラグを1年程で買い換えるのも高くつくなぁ…と悩んでいました。

イブルマットを使い出して1年程経ち、二週間に一度は丸洗いしてきましたが、

綿100%のおかげか毛玉は出来ていません。

表面は何度も着たTシャツのような感じになっていますがまだまだ使えそうです。

薄手なのでラグ以外にも用途あり

我が家はラグのみで使用していますが、ソファーカバーやベッドカバー、レジャーシートとしても使えるようです。

ナチュラル素材なのでオシャレ

我が家はオシャレとは程遠い家ですが、イブルマットを敷いているとすごくオシャレに見えます!(我が家比)

写真を撮る時もイブルマットの上で撮ると映えます。

イブルマットは、表面に凹凸のあるステッチがあり立体感があるので無地でも味があっておしゃれに見えますね。

シンプルでナチュラルな風合いなので、様々なインテリアにもよく合います。

商品によってカラーやステッチのデザインが少しずつ異なるので、お気に入りのデザインが見つかるといいですね。

カラーとサイズが豊富

我が家はベージュのイブルマットを選びましたが、メーカーによっては10色ほどカラー展開があるようです。インテリアに合わせてカラーを選べるのも魅力です。色違いで揃えて、気分によって変えるのも良いですね。

サイズ展開も豊富なので、広さ、用途によって大きさを選べます。

ベビーベッド用から、200×200の広いサイズまで選べるのは嬉しいですね。

イブルマットのデメリット

キルティングの糸がほつれてくる

下記の写真の様に、キルティングの糸が所々ほつれてきました。ただ、ベージュ生地で白糸なのであまり目立ちません。

薄手なのでラグ単体での使用ができない

ラグとして使用する場合、

イブルマットは薄手なので下にマットを敷く必要性があります。

我が家は低反発マットを敷いているよ〜

冬はホットカーペットの上に敷いていて、一年中使用できるのはメリットです。

出産祝いにもオススメ

▷▶▷本気で嬉しかった出産祝い5選はこちら

我が家は3人子育てしてきて色々なラグやマットを試してきましたが、イブルマットが断トツで良かったです!

これからも使い続けるし、買い換えの時もまたイブルラグを選ぼうと思っています。

ですので、出産祝いにもおすすめです。おくるみサイズのイブルは長く使えますね。

ママがもらって嬉しいおしゃれ出産祝いなら【ベルビーWebshop本店】



タイトルとURLをコピーしました